シール式の切手が楽です

事務の仕事をしていますが、ペーパーレスを目指しているとはいえ、まだまだ紙での出力は多いです。
お客様へ送る請求書などはやはり、いまだに郵送のところが多いです。
最近、増えてきているシール式の切手はとても助かります。

プライベートではそんなに手紙を出したりしないので、切手を使う頻度はとても低いです。
ですが、仕事で扱っていると「切手を貼る」という作業には案外、手間がかかるものなんだなと思っていました。
1枚ずつ切り離して、裏に水を付けて、曲がらないように貼る。
日頃あまり使わない人には、この作業が面倒と言ってもピンと来ないのではないでしょうか。
お客様に郵送するのに、裏面をペロッと舐めて貼るわけにはやはりいかないのです。
その点、シール式は台紙からはがして貼るだけ。
本当に楽です。
どうして今までこれが主流じゃなかったのか、不思議なほどです。

現在は52円と82円しか見かけませんが、もう1種類、92円もシール式が増えてくるととても助かります。
部署ごとに分けた請求書を1枚の封筒で送ると、結構な枚数になってしまうところがあり、82円では収まらないからです。
とはいえ、現在発売中のシール式切手は、デザインもたくさんあり、選ぶのが楽しいです。
手間も省けるので、事務員としては嬉しいものです。